さまざまなシーンに役立つ小型カメラは専門店で購入するのがおすすめ

SITEMAP

シャッター

子どもの留守番の見守りに使える小型カメラ

監視カメラ

近年は共働き世帯が増えたため、放課後は学童保育を利用している家庭も多くありますが、学童保育を必要とする子どもが増加したために、地域によっては低学年までの利用と学年限定で決められている場合もあります。小学校高学年にもなれば、一人で留守番をすることも可能かもしれませんが、親としては家の中の様子が見えない分だけ、不安に感じるかもしれません。そんな時には小型カメラで子どもの様子を見守ってみてはいかがでしょうか。
小型カメラには様々なタイプがあり、子どもに小型カメラの設置を知られたくない場合には、壁掛け時計型や照明型などのようなカモフラージュタイプを利用すると良いでしょう。ペットボトル型やボールペン型もありますが、子どもが知らずに移動してしまい、部屋の中を撮影が出来なくなる可能性があるので、移動できない物を利用した方が良いでしょう。
また単なるカモフラージュタイプにするだけでなくWiFi対応タイプを選ぶことも大切です。WiFi対応タイプの特徴として、録画と映像の確認をスマホで同時に出来ることが挙げられ、仕事中でも子どもの様子を見守ることが可能になります。小型カメラ専門店で購入する際に相談して商品を選ぶことが大切ですが、場合によっては指先に乗るような小型カメラを購入し、家の中に設置することも1つの方法です。
子どもの安全を見守るためにも、小型カメラは役立ちます。